学校から帰ったら、子供の腕にボールペンの跡が!?

ボールペンの線 日記
この記事は約2分で読めます。

我が家の長男は重度の知的障害を抱えている、小学6年生です。
学校の行事で学校に行き、前日具合が悪かったのでデイはお休み。
そこで、一緒にクルマに乗って帰ることにしたときのこと。

スポンサーリンク

朝はついていなかったボールペン?の線

長男を教室からクルマに連れて歩いているとき、右腕の前腕部になにか変なものがあるなと気がつきました。
何やらボールペンのようなもので書いた筋のようなものが5~6本、7~10cmくらいの大きさで書いてあります。

昨日、ぐったりしているときにも、朝学校に出かける時にもなかったと思います。
なんだろうと思って気にはなっていましたが、そのままにしておき、お風呂できれいにしようと思っていました。

スポンサーリンク

泣き出す長男

お風呂に入り、前腕部のボールペン跡を指差して、「これ、なに?」と聞くと今気がついたという感じでしきりに眺めていました。

石鹸で消すかと思い、石鹸を手につけてこすろうとするとなぜか拒否しています。

いつもと違う行動を嫌う長男なので、今回もそうなのかなと思い、体を洗うときでいいかとそのままにしておきました。

そして、ボディタオルにボディシャンプーをつけて体を洗います。

いつもどおりにざっと、長男が自分で洗った後、私が洗う時に例のボールペン跡をこすると、あっさりときれいに消えあした。

ふぅ、消えてよかった。

すると、いきなり長男が泣き出しました。

えぇっ、汚れを落としちゃいけないの?

しばらく、きれいになった腕を眺めていましたが、ちょっと薄く残っていたので、「ここにあるよ」と教えてやるとちょっと落ち着いたようです。

うーん、しかしあの線は何だったのだろう。

妻に学校へのお手紙に書いて聞いてもらうことにしましたが、結局わからずじまい。

子供とはいえ、親の知らない価値観や大事にするものがあるのだなと、なにか考えさせられる出来ことでした。

今日の秘訣!

  • 子供には子どもの世界がある
  • 大人から見ると意味のないものでも、子供にとっては価値のあるものかも
  • でも、やっぱり汚れはきれいにしよう!

タイトルとURLをコピーしました