長男、帰宅後具合が悪くなる

具合の悪い男性 日記

長男は、特別支援校に通う重度知的障害を抱える小学6年生。
外では決してうんちをしないほど、家の外では警戒心が強い。
そんな長男なので、ときにはストレス溜まっているんだろうなぁ。

スポンサーリンク

帰宅して

仕事を終えて一階に行ってみると、いつもはバランスボールの乗っかってビョンビョン飛んでいるか、iPodを見ている事が多い長男だが、今日はカーペットの上で横になっていました。

様子がおかしいので、妻にどうしたのか聞くと、デイからの帰りのクルマを降りたときから元気がなかったとのこと。

結局、この日はご飯も食べずにそのまま眠ってしまいました。

スポンサーリンク

ときどき、こういう事がある

長男は外では目一杯気張っているようです。
家では全然言うことを聞かないのに学校では優等生と言われるのです。
持ち前のこだわりで、箸の向きまできちっと揃えるので、真面目で通っている模様。
※ドアをバタバタ開け閉めするのはやっているようですが。

そんな長男なので、外ではとても緊張しているのでしょう。
帰ってきた突端にバタッと倒れるように眠ってしまうことはこれまでも何回かありました。

こういうときは油断していると夜中にいきなり吐いたりすることもあります。
顔色を見てみるとちょっとだけ青白い気がしますので、要注意でその日は過ごすことにしました。

原因は?

こういう風になる点に心当たりは…と考えてみていますが、家の中では思い当たる節はありません。

もしかすると、外で大きなストレスを感じるなにかがあったのかもしれませんが、学校やデイからの連絡では特に異常はないようでした。

長男は普段でも限界まで体力を使い切っているのか、それまで元気だったのが急にパタっと眠ってしまう事は多いですが、ご飯を食べないで寝ることは多くないので。

まぁ、こういう日は様子見しておけばいいかな。

明日は学校に行って思春期の子供についてのお話を聞く日なので、元気になるといいのだが。

今日の秘訣!

  • 長男のような子供は、疲れへの感度が低い場合がある
  • そのため、限界を超えて疲労していても見た目からはわかりづらい
  • 見た目でおかしいと思った時は大人が思っている以上に重症なので早めに対策
タイトルとURLをコピーしました